トイレをチェックして水漏れの原因を特定しよう

住まいの水廻り設備の中で、最も重要な箇所はトイレと言えます。毎日、居住者全員が朝から夜まで使い続けている大事なトイレが、水漏れを起こした場合、早急に修繕、正常な状態に復旧しなければ生活基盤が崩壊してしまいます。このような事態を引き起さないためには、日頃からトイレ設備の状態をチェックし、正常な状態と照らし合わせ検証することをおすすめします。水漏れが疑われる症状を発見した場合、まず、その有無を特定する必要があります。次に、原因究明し直ちに、自分で可能な範囲の修繕を実施します。そのためには、原因究明の方法を身に付けておくことが大切です。

■トイレの隅々をチェックし、水漏れの兆候を見逃さない

便器やタンクから水が溢れ、床全体が浸水してしまうと取り返しのつかない事態となります。修繕費用に莫大な費用が発生し、マンション等の場合は階下に迷惑をかけることとなります。そのような事態にならないよう、日頃からトイレを丁寧に掃除し、正常な状態を維持しておくことが最大の秘訣です。そのためには、トイレ 水漏れが起こりやすい箇所をチェックすることが大切です。その箇所は、貯水タンクと便器及びトイレに設置している温水洗浄便座の接合部分です。接合部分にはボルトやパッキンなどで接着されています。また便器設置面や貯水タンク内部も要注意となり、最後に便器外周りがあります。この箇所の清掃を十分に行なうことが基本であり、特に温水洗浄便座は家電製品であり、ホコリや汚れによって機能が左右されやすい機器です。

■水が漏れてしまう原因を掴みます

トイレの水トラブルは、一部、間違った使用方法を除いて概ね経年劣化によるものです。中でも水漏れの場合は、貯水タンクの故障が起因し水が溢れるケースが多いようです。その場合、必ず兆候があり、タンクが正常に作動せず、タンク内に水が貯まらない、またレバーを廻して流水後も水の音が止まらないなど症状が出てきます。その他、配管のつなぎ目に接着されているナットやボルトの緩み、パッキンの劣化が原因となります。



■まとめ
何年も使用していると、必ず故障トラブルは発生します。大変なトラブルに見舞われないよう日頃の清掃を徹底し、特に予防保全の視点で水漏れし易い箇所を丁寧に清掃することが望ましいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ